※本ページはプロモーションが含まれています

昭和を中心に自宅で楽しめる映画をご紹介いたします

昭和を中心に自宅で楽しめる映画をご紹介いたします 自宅で楽しむ週末映画

「おうちで楽しむ映画」
Amazone プライムビデオやNetflixでオススメする映画をご紹介します。

自宅で楽しむ週末映画

「宇宙で私たちだけだったら もったいないでしょ」原作「カール・セーガン」からのメッセージ コンタクト(CONTACT)

人間の存在とは? 宇宙とは? 真実とは?
自宅で楽しむ週末映画

「ジョーズ」無駄なことを全部捨て去るスピルバーグの潔さこそ大ヒットの秘密

「半世紀近い前の映画南野に なんて面白いんだ・・・」 現在の技術を使えば よりリアルな映像になるかも知れないけど 映画の面白さ って そこじゃないんだよね
自宅で楽しむ週末映画

PLUTO(Netflix) 世界が分断されている今こそ このアニメを見るべきだ (昭和探検隊:番外編)

ここまで 物語の背景だけを書いてきて あらすじ とか ネタバレ 登場人物なども書いてきませんでした。 物語は、小説のように細かに組み込まれているので ぜひ 本編で楽しんでほしいと思います。
PR
自宅で楽しむ週末映画

「エクソシスト」は実話だった? リアリズムを持ち込んだホラー映画の転換点的な作品

1973年公開という 古典的な映画なのですが、お初の人も、昔見たよと言う人も 一度見てみてください。 現在の映画のようにCGなどを多用してより恐怖を体験するというのではなく、ストーリーと「悪魔」という 目に見えないものと戦うという怖さを体験することができます。
自宅で楽しむ週末映画

「さらば愛しき大地」 閉塞的な田舎社会で堕ちてゆく男と女

撮影された舞台は、茨城県 鹿島、潮来、牛堀という地域で通称 鹿行地区(ろっこうちく) 昭和30年代のこの地区は、交通も不便で陸の孤島と呼ばれ、生活も貧しく、いろいろなものが遅れていた。 見渡すばかりの水田と砂だらけのこの地域に鹿島臨海工業地...
自宅で楽しむ週末映画

中央自動車道建設秘話 「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」

昭和の怪獣映画のいくつかは、子供向けといいつつ 怪獣を通して世相に対するアンチテーゼをよみとることができる。
自宅で楽しむ週末映画

半端なくヤバかった昭和の公害問題 ゴジラ対ヘドラ(1971年製作)

1970年代の社会の公害問題、当時の若者達の行動とか風俗を移した記録映像としても面白く仕上がっている。 映画のスピード感が、全盛期のマラドーナのような緩急自在なドリブルのようで置いておかれたり イライラするかも知れませんが、そこも含めて楽しめる映画だと思います。
自宅で楽しむ週末映画

ヘルシンキの日本食レストランはガッチャマンからはじまった | かもめ食堂

この映画をみると、鮭定食が無性に食べたくなる。 テーブルや椅子、食器などが、北欧らしくシンプルで美しい。 そして、静かに進むストーリーが、忙しない生活の中で安らぎを与えてくれる。
自宅で楽しむ週末映画

心をもつことは、切ないことでした 空気人形 Amazone プライムビデオ

「心をもつことは、切ないことでした」 注目するのは、彼女は過去形で語っていることです。
自宅で楽しむ週末映画

インビクタス/負けざる者たち ラグビーを政治に利用した南アフリカの事情

我が運命を決めるのは我なり、我が魂を制するのは我なり
自宅で楽しむ週末映画

ニューヨーク東8番街の奇跡 キュートなUFOと暖かい交流物語 アマゾンプライムビデオ

この映画は、ご夫婦、恋人どうし、家族でみてほしい 地球を救う話でもなく、宇宙人が攻めてくるわけでもない 小さなUFOらしい円盤生物たちとアパートの住人達のふれあいが描かれている
自宅で楽しむ週末映画

昭和オジさんの憧れ スパイ映画の金字塔 007シリーズ amazonnプライムビデオ

ダニエル・クレイグ版しか観ていない人は、ショーンコネリー版を観てほしい。 シリアスではないけれど、娯楽作品として完成されている。
PR