※本ページはプロモーションが含まれています

PLUTO(Netflix) 世界が分断されている今こそ このアニメを見るべきだ (昭和探検隊:番外編)

PLUTO 自宅で楽しむ週末映画

PLUTOが、2023年10月26日から配信されました。

話の元になったのは、
鉄腕アトムの「地上最大のロボット」手塚治虫原作
そこに浦沢直樹が全く新しい世界を作り上げた。

Netflixオリジナル 全8話のアニメーションである。

今回の「自宅で楽しむ週末映画」ではこのPLUTOを紹介します。
題して
PLUTO(Netflix) 世界がこんな状態だからこそこのアニメを見るべきだ

人間、ロボット(AI)の関係をここまで掘り下げたストーリーを見逃すな

今回は、昭和探検隊(番外編としてお送りいたします)

PR

ロボットと人間が共存する社会

物語は、近未来でロボットと人間が共存しロボットの人権が認められている。
ロボット同士で婚姻関係もあり 人間とロボットの関係が極めて密接になっている。

また大きな戦争(イラク侵攻がイメージされる)の後で社会は平穏を取り戻しつつある。

ある日、世界で最も優れているロボットが何者かによって破壊された。
そして この事件をきっかけに優秀なロボットが次々と狙われる。

PLUTO

事件は、この優秀なロボットを破壊する事件を捜査するEUの刑事(ロボット)とそれ以外の狙われているロボット達(アトムむ含まれる)の戦いとロボットとは? AIとは? ロボットの倫理感とは? 人間とロボットの関係とは・・・

PLUTO

などを追いかける 人間ドラマである。

PLUTO

ネタバレはしませんが、狙われる優秀なロボットの生活と心の動きを丁寧に描いている。

PR

殺人ロボット

ロボットは殺人を行わない
という原則ですが、殺人を行ったロボットが厳重な監視体制のもと登場する。
このロボットが物語の上で重要な役割をしています。

PLUTO

忘れることができない記憶

人間を殺さないロボット
しかし、戦争に駆り出された優秀なロボット達は、同胞を破壊(殺人)をしてしまった。

心(AI)に残る傷は、人間と違って 故意に消さなければ

「忘れることができない」

という悲しい宿命をもっている。

人は、忘れることで 心の安定と平穏を取り戻すことができるが、ロボット達は、それができないわけです。

軍事用につくられたロボットが

「もう 戦いたくない」

とピアノを習いたいと 申し出るシーンは、全編をとおして「心に刺さるシーン」です。

世界が崩壊する

世界を崩壊させようとする 人間の登場とつくられたロボットの悲しい運命

アトムの活躍やアクションも見ものですが、このストーリーの中心はそこではなさそうです。

人間、ロボット、AI 人権、差別、戦争、殺人、欲望

多くのエッセンスを浦沢直樹が丁寧に描いていることで物語に含みをもたせている。

まとめ

ここまで 物語の背景だけを書いてきて あらすじ とか ネタバレ 登場人物なども書いていません。

物語は、小説のように細かに組み込まれているので ぜひ 本編で楽しんでほしいと思います。

分断化されてしまった今の世界の原因はなんだろうか?

もしかしたら PLUTOにその答えがあるかも知れません。

一気に見てしまうほど 素晴らしいできばえです。

今こんな世界になっている状況だからこそ 見てほしいと思っています。

手塚治虫 原作「地上最大のロボット」はこちら👇

created by Rinker
¥297 (2024/07/13 13:45:53時点 Amazon調べ-詳細)

地上最大のロボット」は、AmazonPrimeビデオでレンタルできます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました