※本ページはプロモーションが含まれています
自宅で楽しむ週末映画

「エクソシスト」は実話だった? リアリズムを持ち込んだホラー映画の転換点的な作品

1973年公開という 古典的な映画なのですが、お初の人も、昔見たよと言う人も 一度見てみてください。 現在の映画のようにCGなどを多用してより恐怖を体験するというのではなく、ストーリーと「悪魔」という 目に見えないものと戦うという怖さを体験することができます。
金曜日のロック魂

HEROな男たちは走り続ける 甲斐バンド

今年で70歳になった甲斐よしひろ 男達は走り続ける
ドラマにようこそ

仮面の忍者 赤影 東映映画人が子供向けに作った秀作

子供向けなのに一切手抜きなし、映画のように撮影し、テレビ用にテンポよく展開する。 45年たっても まったく古さをかんじさせない 娯楽作品として完成している。
PR
水曜日の歌謡曲

イスタンブールにモンテカルロ 憧れの世界を歌った 庄野真代

1978年(昭和53年)1$ 195円 当時、海外旅行は一般的ではなかった。 イスタンブール、モンテカルロという憧れの世界を歌う楽曲が売れていた、
昭和の壺

死傷者多数 超人野球漫画 アストロ球団

そこらへんの生ぬるい野球漫画など レベルが違います。 特にビクトリー球団との死闘(まじで命かけてます)は、死傷者多数 もはや野球ではなく命の削りあい
ドラマにようこそ

日本沈没 1974年 TV版 「科学者にとっていちばん大事なのは、直感とイマジネーション」

リメイク版がTBSで放映されましたが、田所博士は、昭和版の方がはるかに雰囲気があってよい 人間ドラマも深みがあって良い。昭和の俳優さんの迫力は本当に凄い
ドラマにようこそ

水もれ甲介 「第5話 オヤジ聴いてくれ!この太鼓」 親子とは兄弟との絆とは何なんだろう

戦争という傷跡が残る中 精一杯生きている人々の姿が描かれています。
金曜日のロック魂

梅雨はどこに行った? TUBEの夏がやってきたよ

夏に向かって 今年も TUBEは準備中 もうすぐTUBEの夏がやってきますよ
金曜日のロック魂

和製クラプトンと呼ばれた男 柳ジョージ&レイニーウッド

若い人ではなく、おじさん世代にもう一度聴いてほしい「男のロック」
洋楽の館

1985年ビルボード年間ランキング 音楽が世界を救う ケアレス・ウィスパー ライク・ア・ヴァージン ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ ルール・ザ・ワールド テイク・オン・ミー ウィー・アー・ザ・ワールド

1985年は、洋楽が日本に洪水のように降ってきた1年だった。
水曜日の歌謡曲

アイドルでデビュー ロック・バンドからミュージカル ミス・サイゴンの栄光を掴んだ 本田美奈子

クラシックから演歌、ポップス そしてミュージカルとクロスオーバーシンガーとして活躍の場が広がる。
ドラマにようこそ

しっぽを立てろ ガンバの冒険をみて冒険に出かけよう

ガンバの冒険!は、ぜひ 今の子供達に見せるべきだと思う
PR