※本ページはプロモーションが含まれています

水曜日の歌謡曲

歌謡曲からニューミュージックにロックにアニソン 日本がもっとも混沌としていた時代の音楽をお届けいたします。

水曜日の歌謡曲

銀河鉄道999 アニメ映画最高のエンディング 「SAYONARA」 Mary MacGregor

映画館で泣いた(お父さん、お母さん)も多いと思います。 これで本当に終わってしまうんだという余韻を残しつつ メーテルが去って行く
水曜日の歌謡曲

アイドルでデビュー ロック・バンドからミュージカル ミス・サイゴンの栄光を掴んだ 本田美奈子

クラシックから演歌、ポップス そしてミュージカルとクロスオーバーシンガーとして活躍の場が広がる。
水曜日の歌謡曲

女性歌手トップクラスの歌唱力と表現力 現在進行形 森口博子 | 全曲サブスク公開ありがとう

彼女のような歌手が評価されない今の音楽界は、どこか間違っているような気がする。 もっと評価されるべきだと思う。これからも素敵な歌を聴かせて欲しい。
水曜日の歌謡曲

五輪真弓 インドネシアで愛されている 「心の友」を聴いてほしい

久しぶりに五輪真弓の歌を聴いて、心にやすらぎを覚える。 ピアノを中心にした楽曲は、どれもやさしい。 インドネシアで愛されている 「心の友」や「少女」を聴いてみよう 五輪の世界がそこにある
水曜日の歌謡曲

松田聖子 ブランドを確立した永遠の絶対アイドル

松田聖子の歌が心の響く いろいろな人生の後で歌い上げる彼女は、もはや アイドルを超えている。
水曜日の歌謡曲

渡辺真知子 歌謡曲からジャズまでパワフルな歌声は変わらない

渡辺真知子は、本当に歌がうまい トップクラスの女性歌手として今でも現役
水曜日の歌謡曲

麻倉未稀 大映ドラマの主題歌に名曲あり

ただいま、レンタルビデオで大ヒットしている「スクール☆ウォーズ」の主題歌を歌った麻倉未稀を聴いてみよう。
水曜日の歌謡曲

ピンク・レディー 大人から子供までテレビの前で踊ってました

セクシー過ぎることもなく、お年寄りから子供達まで愛されていたピンク・レディー 昭和の音楽シーンを駆け抜けて行ったお二人を忘れない
水曜日の歌謡曲

薬師丸ひろ子 女優であり歌手である

歌手 薬師丸ひろ子は、歌い続ける
水曜日の歌謡曲

本業はジャズシンガー 前川陽子

後世の歌手が、オリジナルの歌手を越えることは難しい。 銀河鉄道999だって、ゴダイゴを超えられないし、キューティーハニーも見かけだけセクシーなだけでは、前川陽子には、絶対にかなわない。
水曜日の歌謡曲

「イイ女」を歌い続けた アン・ルイス

いい女、カッコいい女、かわいい女 アン・ルイスは、最高です。
水曜日の歌謡曲

八神純子 「みずいろの雨」がヒットしなかったら歌手を辞めていた

美しい歌声と独特の雰囲気を持っている八神純子の歌は、聴いていて気持ちが良い。 歌は、技術だけではなく、個性が重要 歌い続けている歌手は、やはりすごい!