※本ページはプロモーションが含まれています
PR

洋楽の扉を開けてくれた伝説的番組 『ベストヒットUSA』

洋楽の館

洋楽の扉を開けてくれた伝説的番組 『ベストヒットUSA』

1981年4月 テレビ朝日ではじまった伝説的な番組があった。

『ベストヒットUSA』

ラジオ&レコーズ及びビルボードのデータを元にしたアメリカのヒットチャートを紹介する番組で
パーソナリティは、小林克也
カッコいい英語でMV(Musicビデオ)を次々と紹介する番組だった。

自分は、この番海でガッツリ洋楽の世界に惹き込まれてしまいました。

洋楽の扉を開けてくれた伝説的番組 ベストヒットUSA

まずは、この曲を聞いてみよう


Don’t Worry Baby ヴェイパー・トレイルズ

どうですか? おじさん、おばさん世代で
「おっ この曲は・・・」と思い出した人いると思います。

そうです 『ベストヒットUSA』のオープニング曲です。

ミュージックビデオどころか、洋楽なんてビートルズぐらいしか知らなかった日本のお茶の間に
米国の最新ミュージックシーンを連れてきてくれた 番組でした。

『Bridgestone Sound Highway ベストヒットUSA』
(ブリヂストン・サウンド・ハイウェイ – )』

ブリヂストンの一社提供番組でした。

DJはもちろん 小林克也 ネイティブな英語が心地よい

では、代表曲のいくつかを観て聴いてみよう?

『ライク・ア・ヴァージン』(Like a Virgin)

1984年 マドンナ(Madonna)のMVは衝撃的だった。

歌詞のタイトルにドキドキしたのあるけれど、MVのベニスの橋の下をくぐるダンスは、魅力的だった。Like a Virgin 1984年

 

マドンナ(Madonna)については、有名すぎて今更感がありますが、

全英シングルチャートNo.1獲得数 (女性ソロアーティスト歴代1位): 13作
全米シングルチャートTOP10獲得数 (アーティスト歴代1位): 37曲
ポップ・ミュージック史上アルバムNo.1最多獲得国数: 40ヶ国 (Confessions On A Dance Floor/2005年)
ポップ・ミュージック史上シングルNo.1最多獲得国数: 43ヶ国 (Hung Up/2005年)
他。。。。

世界で最も成功した女性アーティストです。

『ハイ・スクールはダンステリア』Girls Just Want to Have Fun

シンディ・ローパー(Cyndi Lauper)
Cyndi Lauper – Girls Just Want To Have Fun (Official Video)


MVは、低予算で作成されたらしい。
母親役は実母のカトリーヌだったり、ローパーの弁護士であるエリオット・ホフマンがローパーのダンス・パートナー、マネージャーのデヴィッド・ウルフや実弟のブッチ・ローパー、ポートレート/CBSの秘書軍団も出演している。

シングルは10ヵ国以上で1位、日本(オリコン洋楽シングルチャートで1984年4月30日付から3週連続1位)となり、シンディ・ローパーは有名になる。

親日家で阪神・淡路大震災、東日本大震災の日にコンサートのために来日が重なり中止進められたがコンサートを行い、募金活動を続けていました。

テイク・オン・ミー(Take On Me)

a-ha
ノルウェー出身の3人組バンドでスケッチ風アニメと実写を合成したMVで登場
世界的大ヒットとなった。

1985年当時の映像としてものすごいインパクトがあった
a-ha – Take On Me (Official Video) [Remastered in 4K]

物語としてなりたっていたこのMVは、今見ても素晴らしい。
続編もあるというのですが、それは、また いつかご紹介します。

ミュージックビデオ創世記

1980年代は、ミュージックビデオがつくられ始めた時代です。
60歳手前の昭和生まれの世代は、『ベストヒットUSA』というテレビ番組を通じて洋楽の世界を知ったのでした。

今回から 「昭和の洋楽部屋へようこそ」 と題して、1980年代を中心にした洋楽の世界を紹介します。

不定期連載ですが、読んでやってください。

ご連絡

昭和の洋楽部屋 では、これからも不定期になりますが、記事をアップしてゆく予定です。

昭和の洋楽部屋へようこそ一覧

小林克也 洋楽の旅

裏ベストヒットUSAが販売されています。

created by Rinker
¥2,184 (2024/05/23 18:16:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました