※本ページはプロモーションが含まれています
PR

雑居時代 他人との距離が近くて濃くて優しい時代の神ドラマ アマゾンプライムビデオ配信中

ドラマにようこそ

雑居時代

このドラマを知っている人は、50歳後半より後の世代だと思います。

昭和のホームドラマのなかでも秀逸なドラマがアマゾンプライムビデオに登場しました。

今回の ドラマにようこそは、雑居時代をご紹介いたします。

ざっくりと内容紹介

雑居時代(ざっきょじだい)は、1973年10月~1974年3月に、日本テレビ系列で放送された全26話のホームドラマ(テレビ映画)。石立鉄男&ユニオン映画シリーズの第4作に当たり、第1作『おひかえあそばせ』のセルフリメイクになる。

このあたりは、ウィキペディアにお任せしよう

外交官・大場鉄也は、アフリカのケニンゴ(架空の国)へ赴任するにあたって、家屋を友人の栗山に格安で譲った。中年のサラリーマン・栗山は、男やもめで、子供は娘ばかり5人という、完全な女性上位の家庭。

そこに、大場の一人息子で、勘当されているカメラマンの十一が同居することに。仕方なく女5人との共同生活となる。姉妹は、無神経で口の悪い長女・春子、しっかりものの次女・夏代、男勝りの三女・秋枝、いまいち大人になりきれない四女・冬子、おませな末っ子の阿万里(あまり)。

阿万里は、十一になついているが、上の姉妹とは、何かともめごとが絶えない。特に夏代と十一は、顔を合わせるたびにいがみ合ってばかりだが、そんな中でいつしかお互いを意識するようになり…。

ウィキペディア

配役は、昭和のホームドラマの王様? 石立鉄男
相手役は、大原麗子 そして 天才子役 杉田かおる

大場十一/石立鉄男
栗山 信/大坂志郎
栗山夏代/大原麗子
栗山秋枝/川口晶
栗山冬子/山口いづみ
栗山阿万里/杉田かおる
稲葉勇作/川崎敬三

ウィキペディア

昭和ホームドラマの王様 カメラマンの大場十一(石立鉄男)と栗山夏代(大原麗子)が軸になって繰り広げられるホームドラマですが、後で出てきますが非常に複雑事情を持つ栗山家を中心に繰り広げられるホームコメディです。

大原麗子が最高にかわいい

なんと言っても 栗山夏代(大原麗子)がめちゃくちゃかわいい訳を演じている。
最終回 一つ前の回 「やっちゃった!?」のラストの夏代と十一(といち)のやりとりは、ホームドラマのなかでも最高の掛け合いでみているひとも「ああ よかった」と暖かい気持ちでエンディングを迎えることができる。

このドラマの魅力の大半は、夏代(大原麗子)の魅力と言っていいだろう。

ざっくりとあらすじ

外交官・大場鉄也は、アフリカのケニンゴ(架空の国)へ赴任するにあたって、家屋を友人の栗山に格安で譲った。中年のサラリーマン・栗山は男やもめで、子供は娘ばかり5人という、完全な女性上位の家庭。

そこに、大場の一人息子で、勘当されているカメラマンの十一が同居することに。仕方なく女5人との共同生活となる。姉妹は、無神経で口の悪い長女・春子、しっかりものの次女・夏代、男勝りの三女・秋枝、いまいち大人になりきれない四女・冬子、おませな末っ子の阿万里(あまり)。

阿万里は十一になついているが、上の姉妹とは何かともめごとが絶えない。特に夏代と十一は、顔を合わせるたびにいがみ合ってばかりだが、そんな中でいつしかお互いを意識するようになり……。

ウィキペディア 「雑居時代」

春夏秋冬と阿万里(あまり)の5姉妹と他人の十一が、同じ家に住むことになったホームドラマ
「おひかえあそばせ」というドラマのリメイクとも言えますが、内容はかなり異なっていて、それぞれの姉妹のキャラクターが、はっきりと分けられていて興味深い。

また、五女「阿万里」の出生の秘密、カメラマンの十一の師匠 稲葉勇作の夏子に対する恋愛模様など 多くの伏線を張りつつ 十一と夏子の恋愛を軸に物語が進んでゆく。

ホームコメディ&恋愛ドラマですが、複雑な家族の関係、親子の葛藤など終盤に向かってグイグイと引っ張り込まれる展開となるところが脚本の巧さである。

杉田かおるは、天才子役だ

物語の全体にアクセントを加えるのが、栗山阿万里(杉田かおる)です。
他の共演者の中でもひときわ輝く演技をしている。

表情、仕草、台詞 こんな子役は、なかなかいない

天才子役と言われて理由がこのドラマをみるとよくわかる。

前作
パパと呼ばないで(1972年・日本テレビ) – 橋本千春(チー坊) 役
このころは、かわいいだけでしたが、この雑居時代では、小悪魔的な小学生を演じている。

彼女の演技をみるだけでもこのドラマの価値がある。

雑居時代

「家族って血が繋がっていても雑居のようなもの」

夏代(大原麗子)の言葉がこのドラマを象徴している。

家族ってなんだろう? なんて堅苦しく考えることもなく

なんとなく家族でいることの大事さを教えてくれる

スマホもない時代 人と人のつながりは、今よりずっと深く
そして家族の絆は、今よりずっと強く暖かい

人と人のふれあいも優しく描かれている。

こういうドラマは、人とのつながりが希薄になっている今の時代では、作られないし、流行らないだろう。

日本てこういう時代があったんだ という感じで若い人に見て欲しい

夏代(大原麗子)を見ているだけでも楽しいと思います。

他人との距離が近くて濃くて優しい時代

スマートフォンの普及によりSNSやビデオ通話などで遠くの人や時間を越えて共有することができるようになりました。

確実に 昭和の時代より 多くの人やまだ見知らぬ人との出会うことができています。
それって かえって人と人を分断しているような気がしてなりません。

他人と関わるなんて面倒だ と思いませんか?

よその子供が騒いでいたり 公共施設で走り真和ているけど 今は注意もできません。
下手に注意したら警察に通報されるなんて 面倒な社会になっています。

このドラマを見て「面倒くさい」「あり得ない」「信じられない」という若い人もいると思います。

でも そこには、

人間(生命)が本来兼ね備えている 人と人の結びつきの欲求 を表現しています。

そんな ドラマが雑戸時代です。

アマゾンプライムビデオで公開中

雑居時代 このドラマの全26話が、アマゾンプライムビデオで楽しむことができます。

会員ならば無課金で見ることができるので ぜひ 一度 ご覧ください。

雑居時代 人と人とにふれあいが優しかった時代の神ドラマと推薦します。

雑居時代

雑居時代:アマゾンプライムビデオ

まとめ

杉田かおるのデビュー作 パパと呼ばないでもアマゾンプライムビデオで公開されていますが、第二話までです。

石立鉄男のドラマが好きな自分は、
「気まぐれ天使」
「水もれ甲介」
も公開に期待したい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました