※本ページはプロモーションが含まれています

2024-01

水曜日の歌謡曲

もう一度逢いたい 八代亜紀

最後に八代亜紀の公園でアンコール ラストの曲として歌われていた この曲でお別れします。 もう一度逢いたい
金曜日のロック魂

安全地帯 と 玉置浩二 くじけそうなときでも あきらめないから

悲しいときでも くじけそうなときでも あきらめないから
水曜日の歌謡曲

後楽園球場ファイナルコンサートで伝説となった キャンディーズ

1972年から1978年とアイドル路線をピンクレディーとともに駆け抜けていったキャンディーズ 絶頂期で去ってゆき、再結成もありませんでした。
水曜日の歌謡曲

太田裕美 可憐な少女が歌う悲しい結末「木綿のハンカチーフ」が大ヒット

多くの素晴らしいクリエイターに支えられてきたこともあるだろうけど そのクリエイターに愛された太田裕美 独特の声と歌い方に惹き込まれてしまう。 いつも思うけど、歌い続けてくれる歌手は、年を追うごとに魅力を増してゆく
金曜日のロック魂

魂の叫びはメロディーを超える 叫ぶ詩人の会

魂の詩をを聴いて欲しい
洋楽の館

1980年代 ビルボード年間ランキング スーパーバンド特集 TOTO,Blondie,Thompson Twins,Van Halen,Tears For Fears,Culture Club,Bon Jovi

今回は、昭和の洋楽部屋リターンズと題して スーパーバンドを勝手に選びました。 昭和の洋楽部屋へようこそ リターンズ ご要望があれば、もう少し続けます。
洋楽の館

1988年ビルボード年間ランキング ラスト5曲  Sweet Child O’ Mine Never Gonna Give You Up Got My Mind Set On You Need You Tonight Faith

1980年代は、洋楽が広く日本に紹介され、大ヒットを重ねました。 CMに使われたり、日本の武道館で成功して世界に認知されたアーティストも多い。 Michael Jackson、Prince、Madonna、Cyndi Lauper、Stevie Wonder、Wham! Band AidにU.S.A. For Africa そしてLIVE Aidなどアーティストが数多くのメッセージを残しました。
自宅で楽しむ週末映画

インビクタス/負けざる者たち ラグビーを政治に利用した南アフリカの事情

我が運命を決めるのは我なり、我が魂を制するのは我なり
金曜日のロック魂

世良公則&ツイスト 彗星のように現れた天才ロッカー率いるロックバンド

1977年10月、「あんたのバラード」がポプコン本選会でグランプリを獲得 いきなり世界に飛び出した。
金曜日のロック魂

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド ブギとブルースを日本に持ち込む

ダウン・タウン・ブギウギ・バンドは、コミックバンドのようなイメージを持っている人が多いと思いますが、その根っこはブルースです。
洋楽の館

1988年ビルボード年間ランキング George Michaelに注目せよ  Simply Irresistible I Don’t Wanna Live Without Your Love Father Figure Hungry Eyes Kokomo

事実上、昭和という時代の最後の一年です。 「 昭和の洋楽部屋へようこそ」もラスト一年です。
洋楽の館

1988年ビルボード年間ランキング 昭和最後の洋楽  The Flame The Way You Make Me Feel Red Red Wine (1988) The Loco-Motion Candle In The Wind

事実上、昭和という時代の最後の一年です。 「 昭和の洋楽部屋へようこそ」もラスト一年です。 時代の節目となった昭和ラストの洋楽を紹介します。